気持ちが落ち込む時の切り替え方を紹介!辛い時を一緒に乗り越えましょう!

健康

仕事や恋愛、お金のことや家族関係など生活していると、いろんな悩みやストレスを感じることってありますよね?

 

誰しも気分が落ち込んでしまったり、涙が出てきたりすると思います。

そんな中でも時間は経ちますし、仕事や学校にも行かなきゃならないので落ち込んでいる暇なんてないんです。

逆にそのことがストレスになって仕事や学校でのパフォーマンスが落ちてしまい悪循環になってしまうことありませんか?

 

 

そこで今回は、気分が落ち込んでしまった時にどうやったら気持ちを切り替えることができるのか解決策を考えてみたので紹介していきたいと思います。

私の実体験を紹介します

いきなりですが、ここで私の実体験をお話しさせていただきたいと思います。

私は小さい時の家庭環境やもともとの性格から考え方がとてもネガティブ思考なんです。なので周りから良くもっと自信を持った方がいいよ!と言われることも多いです。

 

学生から社会人2年目くらいまでは本当にネガティブでメンタルが弱い性格だったのですが、環境の変化などから少しずつ物事を前向きに捉えることができるようになってきました。

 

大人になって少しはポジティブ志向になり自信も以前より付けることができてきましたが、やはり辛いことがあったときはかなり落ち込んでしまいます。

 

例えば、仕事では小さい頃から怒られないようにしてきた私が少しでも指摘をされると自分を否定されているような気分になりずっとそのことばかり気にしてしまっていました。

 

また、恋愛面では失恋をしてしまうと自分をかなり否定してしまいます。私には魅力がないとその一つの出来事だけで決めてしまうのです。その分次頑張ろうという気持ちもあるんですが、落ち込んだときはそんなこと考えられなくなってしまっていました。

 

皆さんもこのように、何か失敗や失恋などをした時にこの世の終わりだくらいの落ち込み方をしてしまうときありませんか?

気分が落ち込んだ時の精神状態はどうなってるの?

イメージ.jpeg

気持ちが落ち込んだときってなんでマイナスの考えから抜け出せないのでしょうか?

 

例えば、上司にミスを指摘された(怒られた)という出来事があったとします。

そんな時、そのミスに対して上司は指摘したんだと考えればいいのですが、

 

そのミスをしてしまった

私に対して上司は怒りを感じている

自分を否定している

と考えたりしませんか?

 

 

また、失恋をしてしまった時

自分は容姿も良くないし性格も良くないし

何も魅力がないんだ

こんな自分を好きになってくれる人なんていない

などと考えてしまいがちじゃないですか?

 

気持ちが落ち込んでしまうと、少しのことでイライラしてしまったり、今後の生活が不安になってしまったりします。

精神的にストレスが溜まってしまうことは、

 

自律神経の交感神経ばかりが働き続け、交感神経と副交感神経のバランスやホルモンバランスの乱れが生じてしまうそうです。

 

人は他人からの評価を気にしてしまう生き物と言われています。

怒られることや失恋、何かを失敗してしまうなどは他人からの刺激であるため、他人からの評価が下がってしまったと考えてしまいます。

 

そこでじゃあ他人からの評価をあげればいいじゃないかと思いがちですが、自己評価が低い人やネガティブな人は特に、もう戻れない、嫌われてしまったと考えがちです。

 

そのため一度落ち込んでしまったら持ち直すのに時間がかかってしまうのです・・・

 

 

責任感の強い方や、自己肯定感の低い方はそういう風に考えがちというのを聞いたことがあります。

 

ではそもそもよく聞く

自己肯定感ってなんでしょうか?

 

自己肯定感って何?どうしたら高められる?

イメージ.jpeg

自己肯定感とは

自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉である

引用元:Wikipedia

よく自己肯定感を高めようなどというような発言や本などを目にしますよね。
簡単にいうと、
自分を受け入れる
自分を認めてあげる
というような意味だと考えます。
私は自己肯定感が低いと言われていた理由として、
自分に自信がないのとネガティブな発言が多いことにありました。
自分がやっている仕事内容は間違っていることはしていないのに、自信がないように見えるからもっと自信を持って行動した方が良い!と言われていました。
でも自己肯定感が低い人が自己肯定感を高めることってとっても難しいことですよね。
自己肯定感を高める本を手にしても、落ち込んでいる時は言われていることはわかっていても自分にはこんな考え方できないと思いがちです。
そこで私が実際に自己肯定感を高めるために先輩に教えていただいたことを紹介します。
山登りとマラソン
です。
この2つはどちらも私が本当に苦手としていたことです。
山登りもマラソンも、長くて時間がかかりとっても疲れることです。
この2つは避けてきた私ですが、
せっかく時間もあったので先輩や同僚と一緒にやってみました。
山登りとマラソンをやってみて思ったことは
達成できた時の喜びが大きすぎる!
ということでした。
特に苦手としていたことなので、達成できたこと自体に嬉しさを感じました。
また、他人と競い合う必要もなく自分との戦いなので、達成できたときは自分にもこんなことができるんだ。よく頑張ったという自分を受け入れるような感情になるんです。
ここで私なりに感じた自己肯定感を挙げる方法は
苦手なことにチャレンジしてみる
ということです。
もちろんこの方法が合わない方もいると思いますが私にはぴったりでした。
私にはできるはずがないと最初から考えていると何も行動に移せないなと感じました。できるかもしれないという少しの可能性を持って挑んだ方が良さそうです。
苦手なことを達成できたことの喜びは得意なことを普段通りするよりも喜びは大きかったし自分を1番受け入れることができるようになったきっかけとなりました。

気分が落ち込んだ時の解決策を紹介

イメージ.jpeg

気分が落ちてしまってもすぐに仕事や学校などやらなきゃいけないことは待っています。

そんな時の気持ちの切り替え方法を紹介します!

 

①好きなものを食べる

ダイエットをしていたり、健康のため食事制限をしている中で落ち込んだ時には、少し自分を許してその日だけ好きなものを食べるのは良い発散になります。何かあった時に好きなものを食べられないストレスもかかってしまうと、落ち込みが倍増してしまう経験ありませんか?少しだけ自分を許すということも必要です。

②ぐっすりと寝る

体の中でストレスを感じてしまった時に眠気を感じる人は少なくないと思います。いろんなことを考えてしまうので、脳も疲れ切ってしまうのです。そんな時に溜まっていた家事や勉強、仕事の資料作りをしても集中力は落ちてしまいます。一度ぐっすりと寝て気持ちが少し晴れてから作業をする方が効率的もアップするのではないでしょうか?

③ノートにモヤモヤしていることを書く

一人で考え込んでどうしようもない時にイライラしていることをノートに書き込んでみて、ノートを見返すことによって客観的に自分の感情と向き合うことができて気持ちを抑えることができるみたいです。私もたまに実践しますが、こんなことでイライラしていたのか。と少し気持ちを抑えることができました。

④人に相談する

私はこれが一番切り替えができる方法でした。友達にいうことでイライラしたり落ち込んでいた感情に対して共感してくれたり励ましてくれたりします。そうすると自分を受け入れてくれる人がいる安心感や辛い思いをしているのは自分一人ではないんだという気持ちになります。友達に相談するばかりではなく、友達が落ち込んでいる時はしっかりと話を聞いてあげることも大切で、お互いに助け合う必要があります。

⑤カラオケで歌いまくる

家や公共の場所では大声で叫ぶなんてことできませんよね。カラオケで自分の好きな歌を歌うことによって、自分の中でぐるぐると回っていた負の感情が声と一緒に外に出せているような気分になります。また、口や全身の筋肉を使うことで脳の血流が良くなることもストレス発散の効果として言われているそうですよ!

 

⑥アロマや香りを楽しむ

アロマはいろんな香りの種類があり、香りによって効果が違うそうです。ストレスがかかると体は緊張して自律神経が乱れてしまいます。リラックス効果のある香りを嗅ぐことによって、体の巡りを促進させてくれたり自律神経のバランスを整えてくれるというような効果があるそうです。実際に横になって好きな香りやリラックス効果のある香りを嗅ぐと良い眠りにつけますし、穏やかに気持ちにさせてくれますよね。

 

⑦マッサージに行く

ストレスや落ち込んだ出来事があると、脳だけではなく体も緊張しているみたいなんです。マッサージをしてもらうと体の緊張が解け、気持ち良い感覚となり癒されますよね。また、体の循環が良くなることで副交感神経優位となり自律神経も整うことになります。それによってイライラや落ち込みを軽減させてくれるそうです。

 

他にもいろんな方法がありますが、気持ちが落ち込んでいる時に私がやってみて効果のあったものを紹介してみました。

まとめてみて思いましたが、

 

気持ちの落ち込みやストレスと自律神経というのは太い関わりがあるんだと思いました。

 

自律神経の乱れは身体や精神にとって大きな影響を及ぼすんだと感じましたし、逆に自律神経を整えるような生活を意識することがイライラ解消への近道なのかなと思いました。

 

私が実際にやってみて失敗したこと

ここで、気持ちが落ち込んでしまった時に私がやってみて後悔したことを紹介します。

 

それはみんなやりがちな

 

暴飲暴食

 

です。

 

ストレスを感じたときには、好きなものを好きなだけ食べるのが一番!だと思っていました。

 

食べることが好きな私にはその方法が一番あっていると思いましたし、実際に食べている時の幸福感はすごいです!食べている時は悩みも忘れていますし、幸せな気分でいっぱいです。

 

 

ですが、食べてしまった後すぐに後悔してしまいます。

 

なんでこんなに食べてしまったんだろう。

こんなに食べてしまったせいで、明日顔が浮腫んでしまう。

なんでこんなに食欲を制御できないんだ〜

ダイエットしていたのに振り出しに戻ってしまった〜

 

などという食べてしまったことへの罪悪感がすごかったんです。

 

先ほど「落ち込んでしまった時の解決策」で

好きなものを食べるということを紹介しましたが、

 

何事も適度にが大切です!!!

 

ストレス発散のためと言って食べている時は何も考えていませんが、後からの後悔の方が大きい時があるので、何度もその失敗はやっていますが、少しずつ暴飲暴食は減らすことができてきています。

 

これは私の経験なので、この方法が一番ストレス発散に合っていると言う人もいるかもしれませんが、こんな人もいたんだなという感じで参考にしていただけたらなと思います!!

 

まとめ

今回は、気持ちが落ち込んでしまった時の解決策や切り替えする方法を紹介しました。

日本人は外国人よりも自己評価が低かったり働きすぎるという性質があり、ストレスを溜め込みやすい人が多いと言われています。

 

ストレスを感じてしまってどうしようもできない!という方にとって少しでも参考になれたら嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました